コーヒーがあるだけで
~グローカルにお役立ちコーヒーメディア~
    コーヒーメディア

    コーヒーを自宅で楽しむには?おすすめの道具やこだわりポイントを紹介!

    コーヒーを自宅で楽しむには?おすすめの道具やこだわりポイントを紹介!

    コーヒーを自宅で手軽に楽しむための道具や方法をご紹介します。

    インスタントコーヒーやドリップバッグではなんだか物足りないと感じたら、道具や淹れ方にこだわってみるのはいかがでしょうか?

    自宅にあれば便利に楽しめる道具やグッズのほか、上手く淹れる方法をまとめてみました。

    コーヒーを自宅で楽しむための道具をご紹介!

    コーヒーを自宅で楽しむには?おすすめの道具やこだわりポイントを紹介!

    まずは自宅でコーヒーを楽しむために必要な器具をチェック。

    あると楽しめる道具

    ・コーヒーミル
    ・キッチンスケール
    ・コーヒーポット

    コーヒーの抽出に適した器具を使うことも、インスタントでは味わえない美味しく淹れるためのコツとなります。

    ①コーヒーミル

    挽きたての香り高いコーヒーを淹れてみたいなら、豆を粉砕して粉にするためのコーヒーミルを準備しましょう。

    コーヒーミルには、

    ・自分で挽く手動タイプ
    ・自動で粉砕してくれる電動タイプ

    2種類があるため、使いやすさや好みで選ぶのがおすすめ。

    ②キッチンスケール

    美味しいコーヒーに仕上げるためには、粉やお湯の量をしっかりと管理するのが大切。

    粉とお湯のバランスが崩れるだけで、味が苦すぎたり薄くなったりしてしまいます。

    キッチンスケールを使えば分量をきちんと把握できるので、オリジナルのレシピ作りにも役立ちます。

    ③コーヒーポット

    コーヒーの抽出には、お湯の量をコントロールしやすい注ぎ口が細めのポットやケトルが適しています。

    ステンレスやホーローなど使われている素材もさまざまで、おしゃれに使いたいならデザインで選ぶのもおすすめです。

    ¥8,700 (2022/04/23 21:32時点 | Amazon調べ)

    コーヒーの淹れ方を種類別に解説

    コーヒーを自宅で楽しむには?おすすめの道具やこだわりポイントを紹介!

    コーヒーは使用する器具の違いによって、淹れ方や風味が大きく変わってきます。

    まずは家庭で気軽に使えるコーヒー器具と淹れ方を見ていきましょう。

    淹れ方①ペーパードリップ

    ペーパードリップは、コーヒードリッパーとペーパーフィルターを使って抽出します。

    ハンドドリップのスタンダートな淹れ方。

    粉にお湯を注ぐだけとシンプルですが、コーヒー豆やお湯の量、注ぎ方次第で細かく風味が変化する

    淹れ方②フレンチプレス

    紅茶の抽出にも使われるフレンチプレスは、コーヒーの抽出器具としても活用できます。

    豆本来の風味をしっかりと感じられる味に仕上がるのが特徴。

    粉の量を変えれば味の調整も行えるので自分好みのコーヒーを気軽に淹れてみたい初心者にもおすすめ。

    淹れ方③コーヒーメーカー

    コーヒーメーカーは、コーヒーと水をセットするだけで自動的に抽出を行ってくれるのが便利。

    ハンドドリップの技術を再現した本格的な機種や、調整機能が搭載された機種もあります。

    毎回安定した味に仕上がるため、美味しいコーヒーを手軽に味わいたい人にもおすすめ。

    楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
    ¥20,889 (2022/04/25 14:09時点 | 楽天市場調べ)

    淹れ方④エスプレッソマシン

    エスプレッソやカフェラテなどを作りたいときに欠かせないのがエスプレッソマシン。

    圧力をかけながらお湯を通し成分を抽出するため、ドリップコーヒーよりも濃厚な風味に仕上がります。

    細かな調整が必要なので、抽出に慣れてきた人におすすめの淹れ方です。

    楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
    ¥36,994 (2022/05/06 21:48時点 | 楽天市場調べ)

    コーヒータイムを楽しくするグッズ

    コーヒーを自宅で楽しむには?おすすめの道具やこだわりポイントを紹介!

    カップやコーヒーサーバーなどお気に入りのグッズがあると、いつものコーヒータイムがさらに楽しく。

    自宅でおしゃれなカフェ気分を味わえます。

    ①コーヒーカップ

    コーヒーの美味しさをキープするには、適したデザインのカップを選ぶのもポイントです。

    ゆっくりと味わいたいなら飲み口が厚めに作られているカップ、たっぷり楽しみたいなら大きめのマグカップがぴったり。

    ②コーヒーサーバー

    淹れたコーヒーを保存するためのコーヒーサーバーのサイズは、抽出する杯数を基準にして選ぶと便利。

    普段使いしやすいように、保温性や手入れのしやすさ、フタの有無などの要素にも注目しましょう。

    ③キャニスター

    キャニスターといった密閉性の高い保存容器を使うと、酸化や湿気でコーヒー豆が劣化してしまうのを防げます。

    おしゃれなデザインのキャニスターを並べるだけで、部屋がカフェのような雰囲気に早変わり。

    コーヒーを美味しく入れるためにこだわるポイント

    コーヒーを自宅で楽しむには?おすすめの道具やこだわりポイントを紹介!

    必要な抽出器具やお気に入りのグッズを揃えたら、いよいよ本格的な淹れ方にチャレンジ。

    コーヒーを上手く淹れるには、細かな要素にもしっかりとこだわるのがコツです。

    大きく3つのこだわりポイントとして

    ・豆の選び方
    ・抽出方法
    ・淹れ方

    についてご紹介します。

    コーヒーの風味が変わる要素は、

    ・豆の産地や焙煎度合い
    ・挽き目
    ・粉の量とお湯のバランス
    ・注ぎ方や抽出時間

    などさまざま。

    それぞれの要素を細かく調整して、自分好みの風味を探してみましょう。

    ポイント①豆の選び方にこだわる

    コーヒー豆は産地や焙煎の度合い、挽き目によって風味が変わってきます。

    そのため、好みに合ったコーヒーを淹れたい場合は、豆ごとの風味をしっかりチェックするのが大切。

    酸味や甘み、苦味のバランスを確認していきましょう。

    焙煎が深い豆ほど苦味が出やすいため、迷ってしまう場合は焙煎の度合いを基準に選ぶのもおすすめです。

    ポイント②抽出方法にこだわる

    好きな種類のコーヒー豆を用意したら、淹れたい風味に合わせて抽出方法をチョイスします。

    ペーパードリップはすっきりとした味わい、フレンチプレスはコクのある味わいに仕上がるのが特徴。

    家事や仕事で忙しいときには、自動で抽出を完了してくれるコーヒーメーカーも便利です。

    ポイント③淹れ方に気を付ける

    コーヒーを抽出する際は細かな部分にも気を付けて淹れると、美味しさがぐんとアップ。

    粉やお湯の量、抽出時間といった要素に注意します。

    また、注ぎ始めはお湯が行き渡ったら30秒間ほど置いて、コーヒー粉をしっかりと蒸らすのがコツ。

    コーヒー豆に含まれる空気やガスが抜け、成分が抽出されやすくなります。

    まとめ:コーヒーを自宅で楽しむには?おすすめ器具やこだわるポイントは?

    自宅でもコーヒーを美味しく楽しめる道具や方法をご紹介しました。

    記事のまとめ

    ・コーヒーミル、キッチンスケール、コーヒーポットを使うのも美味しく飲むためのコツ
    ・ペーパードリップは、シンプルだが豆やお湯の注ぎ方で細かく味が変化する
    ・フレンチプレスは、粉も味も自分好みに調整しやすい
    ・安定した抽出で手軽さを狙うならコーヒーメーカー
    ・抽出に慣れてきたらエスプレッソマシン
    ・カップやキャニスターなどグッズで気分が上がる
    ・豆、抽出方法、淹れ方をこだわれば自分好みの味を発見


    自宅でコーヒーを淹れると、抽出する工程やふわっと広がる豊かな香りを存分に楽しめるのが魅力です。

    器具や淹れ方にこだわったお気に入りの1杯で、贅沢なコーヒータイムを楽しみましょう。